名古屋大学アイソトープ総合センター

Radioisotope Research Center, Nagoya University

〒464-8602 名古屋市千種区不老町
事 務 室 052(789)2563
放射線安全管理室 052(789)2565
FAX(事務室) 052(789)2567

Japanese  English

目的

1.放射線管理

アイソトープを有効かつ安全に使用するためセンター内の放射線源の管理、放射線業務従事者の被ばく管理、環境放射能の制御その他を行うとともに、関連部局と連携して全学的放射線管理体制の整備維持を行う。

2.教育訓練

全学安全保障委員会からの委託により、全学に対する法定の教育訓練コースを担当するとともに、高レベル標識実験、核種分析、新しい放射線計測法等の高度技術に関する知識技術向上の普及を計る。

3.共同利用

センターの施設・機器を諸分野の研究のための共同利用に供する。このために最新の設備機器、高レベルのアイソトープ取扱実験およびP2レベルの遺伝子実験施設等を整備し、共同利用施設としての効果を上げるとともに、学部学生のアイソトープを取り扱う教育実習に供する。

4.研究開発

アイソトープを使用する研究の急速な発展に対応するために、学内外の研究者と協力してアイソトープの利用法、測定法、廃棄物処理法等の新技術の開発を計る。