名古屋大学アイソトープ総合センター

Radioisotope Research Center, Nagoya University

〒464-8602 名古屋市千種区不老町
事 務 室 052(789)2563
放射線安全管理室 052(789)2565
FAX(事務室) 052(789)2567

Japanese  English

沿革

1953(昭和28年) 元工学部倉庫を改造して理学部、工学部、環境医学研究所の共同利用アイソトープ実験室として発足
1959(昭和34年) 旧運動場東隅に196m2の研究室を開設。東山放射性同位元素総合研究室として利用開始
1962(昭和37年) 現在地に放射性廃棄物貯蔵室施設48m2を設置
1965(昭和40年) 現在地に499m2の研究棟を設置。放射性同位元素総合研究室と改称
1968(昭和43年) 現在地に184m2の実験室を増築
1970(昭和45年) アイソトープセンターと改称
1972(昭和47年) 現在地に60m2の動植物実験室を増築
1976(昭和51年) アイソトープ総合センター設置、2,018m2の建物工事着工
同センター規程、協議会規程、運営委員会規程制定
旧アイソトープセンターはアイソトープ総合センターに移行
1977(昭和52年) アイソトープ総合センター建物竣工開所
1981(昭和56年) 現在地に127m2の天然放射能測定室を設置
1985(昭和60年) 天然放射能測定室に101m2の実験室を増築
1986(昭和61年) 旧実験棟(683m2)及び動植物実験室(60m2)の全面改修工事竣工(入退管理システム導入)
1990(平成2年) 天然放射能測定室が年代測定資料研究センターとして分離
1991(平成3年) アイソトープ在庫管理システム導入
1996(平成8年) 入退管理システム更新、線源在庫管理システムの利用者入力化
1998(平成10年) 新棟空調設備(各階RI給気設備)更新
1999(平成11年) 新棟空調設備(冷暖房用熱源設備)更新
2000(平成12年) 新棟空調設備(屋上のRI排気設備)更新、新棟耐震対策工事竣工
2006(平成18年) エックス線実習施設設置
2007(平成19年) 旧館給排気設備一部改修
2009(平成21年) アイソトープ在庫管理システム更新
2013(平成25年) エックス線実習棟新設
2016(平成28年) 旧実験棟等を取壊し、RI実験棟として改築中